青い扉の納骨堂

ペット関連の市場規模は、年々高くなっており、現在では4,000億円規模という数字にまで拡大しています。
自身が飼われている犬や猫と一緒に食事が出来るカフェや、ペット専用の温泉、ペット専用のホテル等、様々なペット産業があります。
ペット産業は、ペットが楽しめる施設が充実しているだけではなく、亡くなった場合の対応も充実しています。

ペットを購入すると一つ屋根の下で一緒に暮らすわけですから、家族の一員といっても過言ではありません。
一緒に住んでいる期間が長ければ長いほど愛情は深まり、我が子のように可愛がるものです。
そんなペットが亡くなってしまうと、人と同様に納骨や火葬をし、供養してあげたいものです。

ペット産業では、「ペット供養」というサービスを展開しており、人間と同じように火葬から納骨、四十九日、日々法要、合同法要といった行事をサポートしてくれます。

種類

ペット供養では、納骨から火葬まで様々な行事をサポートしてくれます。
供養するペットは犬や猫だけではなく、フェレットやモルモット、うさぎ、ハムスターなど、極小動物の供養も行っています。
ペットのサイズが小さければ小さいほど、供養の費用も安くなります。
ドーベルマンやゴールデンレトリバー、ハスキーといった大型のペットであれば、火葬に20,000円~30,000円は必要になります。

迅速な対応が大切な事

長年一緒に生活してきたペットが死亡してしまうと、突然のことに落ち着きを無くしてしまう飼い主の方も多いと聞きます。
ペットとの最期の別れをするためには、なるべく早くペット供養の業者と連絡をとる必要があります。
ペットも生き物ですので、死亡してから時間が経つと遺体の腐敗が始まってしまいます。
ペット供養の業者の方から腐敗をしない為の方法を聞いたり、いち早く火葬・納骨をしてもらう必要があります。
すぐに連絡をとれない場合は、発泡スチロールのケースに遺体を入れてドライアイスを入れておくなどの処置をしておくと良いでしょう。
ペット葬儀の業者は、インターネット上のウェブサイトからの申し込みなども受け付けていますが、急ぎのことなので電話連絡が良いと思われます。